浦野 智行

 Chiyuki Urano, bass


urano chiyuki

 東京藝術大学で、はじめホルンを専攻、後に声楽に転向。日本音楽コンクール、奏楽堂日本歌曲コンクールなど、数多くの入賞歴を持つ。オペラ、オラトリオの分野で活躍する一方、歌曲にも力を注ぎ、特にロシア歌曲の歌唱、解釈では高い評価を得ている。バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして、シュッツ「イエス・キリストの十字架上の七つの言葉」、バッハ「ヨハネ受難曲」のイエス役、「マタイ受難曲」のアリア、ワーグナー編曲によるベートーベンの第九交響曲の独唱のほか、カンタータ・プロジェクトのソリスト(いずれもBIS)として活躍中。2004 年6月発売のCD「トルストイのワルツ~ロシア文豪の音楽~」(キングレコード)に歌曲で参加、音楽誌上で好評を得る。

現在地: ホーム 浦野 智行