上杉清仁

 Sumihito Uesugi, contra tenor


uesugi sumihito

 高知県出身。高知大学卒業。同大学院修了。東京藝術大学大学院古楽科修了。同大学院修了。東京芸術大学大学院古楽科博士後期課程を修了し、博士号(音楽)を取得。スイス・バーゼル音楽院スコラカントルムに留学し、ゲルト・テュルク、アンドレアス・ショル両氏のもとで研鑽を積んだ。これまでに、声楽を小原浄二、野々下由香里、伊原直子、戸田敏子、P・コーイ、R・ブレイズの各氏に、またバロック歌唱装飾法を故大橋敏成氏に師事。2000年古楽コンクール(山梨)において最高位受賞。伴わせて、『蔵の街』音楽祭賞を受賞し、その記念リサイタルを行い好評を博す。そのしなやかで柔らかい美声には定評があり、日本で数少ないカウンターテナーとして活躍している。バッハ・コレギウム・ジャパン、高知バッハカンタータフェラインメンバー。日本声楽発声学会会員。桜美林大学非常勤講師。

現在地: ホーム LFVのご紹介 上杉清仁