鈴木美登里

Midori Suzuki, soprano


suzuki midori

神戸に生まれる。京都市立芸術大学声楽科及び同大学院修了。京都音楽協会賞受賞。武庫川女子大学音楽専攻科に在籍し、故アンドレア・バランドーニ師にイタリア・オペラを、中山悌一師にドイツ歌曲を師事。その後興味を抱いていた古楽分野の研鑽を積むため、兵庫県芸術文化海外留学助成金を受けオランダに留学。アムステルダム古楽アカデミーにおいて、バロック声楽をマックス・フォン・エグモント師に師事。またグレゴリオ聖歌から中世、ルネサンス期の古楽声楽、特に声楽アンサンブルをティルブルク音楽院において、Dr.レベッカ・スチュワート女史に学ぶ。ディプロマを取得した後、ユトレヒト古楽音楽祭オーディションに合格し、アンサンブル・ラ・プリマヴェーラのメンバーとして、オランダを中心とした各地でコンサート活動を行った。留学中よりラ・プティット・バンド、バッハ・コレギウム・ジャパンのソリストとして国内外のコンサートツアー及びレコーディング活動に参加。2000年に帰国してからは、特に初期バロック期のソロ声楽曲及びマドリガーレの研究に力を注ぎ、コンサート活動や講習会など積極的な活動を行なう。2002年には、日本初の本格的マドリガーレ・アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ La Fonteverde」を結成。ソリストとしてのみではなく、中世・ルネサンスの様式を体得した貴重なアンサンブル歌手としても活躍している。

現在地: ホーム 鈴木美登里